ウイイレ 2020 クソゲー。 【ウイイレ2020】アイコニック・モーメント(IM)について

ウイイレ(ウイニングイレブン)がクソゲー・クソアプリである理由

ウイイレ 2020 クソゲー

理由 ウイイレ2020はサイドからのクロスの精度が悪く、サイドからの攻撃は怖くありません。 良い選手がなかなか当たらない FUTにはレア選手が引けるパックがあるのですが、パックでは人気選手がなかなか当たりません。 特に私が感じるのが自分が得点した直後である。 しかもこういった反論は反論になっていません。 12年前のことである・・・友達の家で初めてプレーした時のことだった。 クソゲーです。 相手銀と白しかいなくて能力値全然低いのにFPロナウドがフィジコンで負けるとか頭おかしすぎだろwwwwチート使ってるよーにしか見えんしそもそもパス通らなさすぎだし数値とか能力とかコンピュータ目の前じゃまるで意味なし。

次の

今作もクソゲーだな。昔のウイイレがよかった、|鬼アンケート

ウイイレ 2020 クソゲー

ヘディングシュートが強力な武器となるは非常に強力ですが、ガチャを引ける回数が無制限のため、 目当ての選手をいつ引けるか分かりません。 結構、炎上してましたね・・・ このアンケートを見れば、「ほどストレス溜まるゲームはねえは・・・」とか、 「2018は氷の上でサッカーしてるように動きが重い。 今週はベルギーとの選手が当たるクソガチャよこして来たし。 自分も貯めたお小遣いで買ったのに不公平だと思います。 変な体勢でなくても動かない。 改善してくださーい。 ここはマジで早く修正願いたい部分です。

次の

今作もクソゲーだな。昔のウイイレがよかった、|鬼アンケート

ウイイレ 2020 クソゲー

コンディションの評価だけで十分。 ペップバルサやペップシティのようなサッカーがしたい。 — かたあなさはや EiQi0iBIRY2Kxw6 トラップが大きくなるというのもありますねー。 つまり僕が言いたいのはFIFAはこのままでいいのか?ということです。 またディフェンダーの、 目の前のボールに対する反応が鈍くなったように感じます。 これからやろうと思ってる人、、絶対やらんほうがいい。

次の

ウイイレ2020最強のフォーメーションと監督

ウイイレ 2020 クソゲー

ボールコントロールがおかしいので取られる。 。 オフサイドポジションにいる敵をわざわざカバーする必要は全くないですし、相手の攻撃人数を1人減らせるので、オフサイドのルールくらいは勉強しておきましょう。 追記 最強のフォーメーションを選んでも、どんなに評判の良い監督を選んでも、結局はコナミエフェクトと事故ゴールで勝負が決まるので、監督なんて誰でもいいと思う。 守備を徹底的に勉強 レート600〜700代でくすぶっていた時に気が付いたのが、守備です。 AIが糞すぎ。 ウイイレのコンセプトは『スピードとフィジカルでゴリ押して、脳筋プレーをしよう!』です。

次の

生放送でライブ配信しているゲームについて・・・「eFootball ウイニングイレブン 2020」①〜ウイイレ2020はクソゲーか?〜

ウイイレ 2020 クソゲー

ウイイレ最強のフォーメーションと監督 ウイイレ2020で最強のフォーメーションは、3CFと2DFを採用した「343」です。 きっちりサッカーができる印象だ。 試合したらしたで、重くて、エフェクトのかかったクソ試合をやらされることなんてしょっちゅうあります。 最近ではeスポーツも流行ってきていますし、僕もこの流れに乗ってオンラインモードを始めてみようと思ったわけです。 ですが、多くの場合、そんなことはほぼあり得ません。 本当の意味でリアルを追求するなら、AIの動きなども併せてリアルになってほしいものです。 あとはFWに縦パス入れてシュートで終わり。

次の

難易度MAXにしたらウイイレが一気にクソゲー化した件

ウイイレ 2020 クソゲー

そう言う意味では今作は ドリブラーには涙目のゲームと言っても過言ではないかもしれません。 小さな不具合が気になる方と気にならない方でウイイレ2020の評価が分かれそうです。 オフサイドのルールくらい覚えておこう オフサイドポジションにいる敵を視認できたら、その相手は放っておいてボールホルダーにプレスへ行けます。 現役やレジェントを問わず登場し、過去のビッグマッチの写真をあしらった特別なデザインになります。 点がたくさん取れても面白くないし、守備時には事故で失点しストレスがたまる。 ウイイレの次作にはACLを逃した我が浦和レッズは搭載されていないので、次はFIFAと決めていた。 買いで問題ないでしょう! 一番気になるのが操作感の部分だと思いますが、多少の変更はあるとはいえ ベースはウイイレ2019と変わっていません。

次の