ほむら 君 は たぶん モテ ない。 楽天Kobo電子書籍ストア: ほむら先生はたぶんモテない2【電子特典付き】

【最新刊】ほむら先生はたぶんモテない 3【電子特典付き】

ほむら 君 は たぶん モテ ない

だがしかし。 いつか青春と呼ばれることになる、特別で短い時間。 読者をキュンキュンさせるエピソードだけでなく、こういう奥行きを感じるエピソードも描けるのが、せかねこさんのすごいところだなと改めて思いました。 山崎:この回は、他のエピソードに比べて少し切ない雰囲気があるのが個人的にとても好きです。 ほむら先生のやっていることや思っていることは、私自身が思っていたりやらかしたりしたことなので、ダメな大人として「自分だったらこうするだろうな」ということをほむら先生にあてはめて描いています。 キィィ…と背もたれ部分からまた音が鳴る。 せかねこさんの趣味嗜好である「女装」ものは設定がまったくまとまらずに断念したそうですが、「ほむら先生」は、ほぼ迷いなく設定まで決まったそうなので、今振り返ってみても、あの時に女装ものでスルスルと進まず良かったなと思います(笑)。

次の

【最新刊】ほむら先生はたぶんモテない 3【電子特典付き】

ほむら 君 は たぶん モテ ない

隣に置いといたココアパウダーの入ったマグカップに、そのままお湯を入れていく。 いつか青春と呼ばれることになる、特別で短い時間。 ほむら先生を想う気持ちを募らせる蓮見さんと、そんな彼女に想いを寄せるクラスメイトの早苗くん。 ジャージに白衣姿、いつもダルそうで、異常に体が弱くて、今どきの女子高生を極度に恐れてて、金欠の時はペットのカエルを食べようとする、若いのに若くない生物教師ほむら先生。 穂村は静かにカップを机に置いた。 作品内容 大好きな先生が、担任になりました。 なので、友達以上恋人未満というか、ちょっと特別な関係みたいなものは意識しつつ、気軽にほのぼのと読めることをテーマに考えた時、やっぱり一線を越えない方がいいのかなと今は思って描いています。

次の

「ほむら先生はたぶんモテない」せかねこさんインタビュー 生物教師と女子高生の「ムズキュン♡」ラブコメディ|好書好日

ほむら 君 は たぶん モテ ない

とりあえず白衣を着せたかったんです。 とりあえず、そうだな、うん…ココアまみれの服どうしようか…。 山崎:単行本1巻では1年生の1年間、2巻では2年生の体育祭、3巻では2年生の文化祭と修学旅行……と、少しずつですが確実に時間が進行しています。 …最近の女子高生、怖い。 また、先生と生徒との恋愛漫画の場合、その多くは現実離れした展開になりがちだと思うのですが、本作はほむら先生が適度な距離感でヒロインの蓮見さんと接しているところが、逆に読者の支持を集めている理由だと思います。

次の

後輩くんは甘やかしたい せかねこ:一般書

ほむら 君 は たぶん モテ ない

絶対教師辞めないもん。 個人的には、誰も報われないような終わり方をする物語が好きで、「何この終わり方!」みたいなのが好きなんですよ。 ここからは全く関係ない話なのですが、昼飯として初めてに行きました。 カチッ。 なので、ほむら先生の授業風景のコマを描けないという弊害が今出ています。 生物教師である穂村虎太郎が校内で過ごす大半は、生物準備室という場所だった。

次の

ほむら先生はたぶんモテない2【電子特典付き】

ほむら 君 は たぶん モテ ない

【累計15万部突破&WEBマンガ総選挙2019第2位】 ダサかわ生物教師ほむら先生と、彼に恋する女子高生の脱力系ラブコメディ! 第3弾! ジャージに白衣姿、異常に体が弱い、若いのに全然若くない生物教師ほむら先生。 大体の教師と生徒ものって、結局誰かに見つかってピンチになって、先生がどこかへ飛ばされてしまったりしますよね。 挿れたてのココアを口に運ぼうとして直前でやめた。 牛丼(並)です。 クリックが励みなりますので宜しくお願いします。 ……女子高生こっっっっわ。

次の

「ほむら先生はたぶんモテない」せかねこさんインタビュー 生物教師と女子高生の「ムズキュン♡」ラブコメディ|好書好日

ほむら 君 は たぶん モテ ない

着替えなきゃなとか、プリント大丈夫かとか色々思うことはあったけど、一先ずだな。 あと、最初はもう少しサイコパスな感じを出したくて「ちょっと変わっているというダメな大人」という設定と、白衣を着せたいという理由で生物の先生にしたんですが、私は高校時代の成績が良くなかったので、生物の授業がどんな授業だったか全く覚えていないんですよ。 せかねこ:先生と生徒の恋愛って難しいテーマじゃないですか。 こちらが全く意図せずに描いたコマで「ここってこういうことだよね」と読者の人が感想を言ってくれることもあって「あ、そうなんだ」と自分で書きながら思うこともあります。 ジャージに白衣姿、いつもダルそうで、異常に体が弱くて、今どきの女子高生を極度に恐れてて、金欠の時はペットのカエルを食べようとする、若いのに若くない生物教師ほむら先生。 …まぁ厄介ごとに自ら首を突っ込むべきではないが、単純に疑問に思ったので聞いて見ることにした。 なんとつばき先生が登場しました。

次の